CO2削減の取組み

居住段階での削減

プレハブ住宅は、厳しい品質管理による工場生産をベースとした計画的な供給によって、CO2排出については高水準の削減を達成しています。さらに太陽光発電のように自然の恵みの最大限の活用、住宅の長寿命化や建設廃棄物のリサイクル化。工業化技術の粋を集めたプレハブ住宅は、環境時代をみすえた住宅です。

プレハブ住宅は様々な環境への負荷低減について、いち早く取り組んできました。プレハブ住宅は最新の工業化技術を駆使して、さまざまな環境問題に対応しています。

エネルギーをムダなく効率よく使用するために、プレハブ住宅は断熱性と気密性が高く、熱を逃がさない構造となっています。加えて、自然の恵みを活用した設計上の工夫や、太陽光発電やエネルギー効率の高い設備機器を採用しています。

総合的な省エネルギー化には、長期耐用化、長寿命化が不可欠です。プレハブ住宅では長期保証制度を導入し長期耐用化を進めるとともに、住宅性能表示制度における最高ランクに相当する劣化対策・維持管理対策を目標にしています。

会員各社は、住宅生産時の省エネルギー化だけでなく、居住時に快適な生活をすごしながら、同時に光熱費を抑え、CO2排出量を大幅に削減し、温暖化防止に貢献する環境配慮技術や、改修時の技術開発等を行っています。

太陽光発電システム搭載の例


  • ゼロエネルギーの快適を、これからの住まいに

  • 大容量太陽光発電ルーフのネット・ゼロ・エネルギー住宅

断熱性の高い外壁、高断熱複層サッシの例

高い断熱性、高気密性の外壁やサッシを採用することで、冬暖かく、夏涼しい、冷暖房費を抑えた、CO2などの温室効果ガスの抑制にもつながる快適な住まいを提案しています。

ページトップへ戻る

生産段階での削減

生産段階でのCO2排出量の削減を実施しています。プレハブ住宅は、その名の示すとおり工場で多くの構造部材を生産するため、施工現場でのエネルギー消費が少ない反面、工場での生産エネルギーの消費、部材を工場から施工現場へ輸送するエネルギー消費が発生します。

これらの課題に対し工場生産において工場内の空調機器、照明などの省エネルギー化、生産性を向上させるための技術開発、生産ラインの改善と合理化はもちろん、工場で使用するエネルギー源を太陽光発電・コージェネレーションシステムの導入するなど、環境負荷の少ないものへの切り替えをすすめています。


  • 生産施設の省エネルギー化

  • 生産設備での太陽光発電

  • 生産施設の屋上緑化

輸送において、会員各社は輸送距離の短縮化、物流の効率化、燃費のよいトラックの採用、モーダルシフト化、アイドリングストップ教育の徹底など、より一層のCO2排出削減をすすめています。


  • 鉄道輸送の例

  • 船舶輸送の例

ページトップへ戻る