プレハブ住宅のできるまで

ユニット系プレハブ住宅・低層 完成までの流れ

1. 工場生産

材料の受入れからユニットの組立まで、徹底した品質管理のもと、床・壁・天井はもちろんキッチンや浴室などの設備部品、内部造作も含めて工場にて取り付けられ、専用トラックで現場へ搬入されます。

2. 現場施工

工場生産の割合が高く、現場作業手順も標準化されているため、基礎を除いた組み立ては1日で雨仕舞まで完了し、近隣への影響や現場廃棄物も少ない、環境にやさしい工法といえます。

3. 完成

ユニット住宅は、ラーメン構造による強い耐震性や工場ラインでの確実な断熱材の組み込みによる高い断熱性・遮音性を有しています。
また、バリエーションが豊富な箱型の組み合わせにより、シンプルで飽きのこないデザインや自由な空間設計など、さまざまなニーズへの対応が可能です。