プレハブ住宅のできるまで

木質系プレハブ住宅・低層 完成までの流れ

1. 工場生産

壁・床などのパネル及び柱・梁などの部材が生産され、外部や水回りに使用するパネル・部材には防腐や白蟻防止の処理を行ない、建物の外周に使われるパネルには断熱材が組み込まれ、最後に検査を行なってストックされます。

2. 現場施工

工場で生産された柱・梁、あるいは木質パネルの主要構造部材は、正確に組み立てられ、厳しいチェック項目による管理制度によって工事が進められています。

3. 完成

品質管理の行き届いた工場で生産された部材を現場で組み立てます。徹底した施工体制によって、工期は大幅に短縮でき、合理的でばらつきのない、長期耐久性能を誇る住宅が完成します。